冠婚葬祭 メガネについて

冠婚葬祭でのマナーはメガネにも当てはまる

メガネはいろいろなデザインが販売されているので、オシャレなものを身に付けている人もいるでしょう。例えば、フレームがカラフルなものであったり、装飾が付いているようなものもあります。このようなタイプは、結婚式などのお祝いごとの冠婚葬祭には向いているかもしれません。しかし、不幸事である冠婚葬祭には、派手なデザインやカラーは向いていません。何事もその場にふさわしい格好というものがあるので、失礼にあたることもあるのです。このようなことから、落ち着いたデザインやカラーのメガネを余分に持っておくのが無難です。黒やシルバーなどのフレームのカラーや、デザインも装飾のないノーマルなタイプがふさわしいでしょう。もちろん、ガラスに色が入ったタイプも避けておくべきです。喪服を着ていれば問題ないように見えますが、やはり細かいところまで気遣いが行き届いていることが冠婚葬祭でのマナーです。基本的に黒や白以外の明るい色を身に付けることは非常識となるので、それを理解した上でメガネにも気を付けていくようにしましょう。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 冠婚葬祭 メガネ All Rights Reserved.